東京六大学軟式野球連盟は、早稲田・慶應義塾・明治・法政・東京・立教の6つの大学で構成される軟式野球リーグです。
当連盟は昭和36年創立。当初は東大を除く東京五大学A号軟式野球連盟を前身とし、その後、我が国の軟式野球ボールの号称変遷に則し、東京六大学L号軟式野球連盟、東京六大学学生軟式野球連盟を経て、現在に至っております。創立以来、全日本大学軟式野球連盟(旧全日本大学L号軟式野球連盟、旧全日本学生軟式野球連盟)の創設から現在まで中心的存在として大学軟式野球界をリードしてまいりました。
 日本で生まれ育った軟式野球はその発祥を大正7年とされておりますが、誰もが愛し、誰もが親しめる野球として独自の発展をしてまいりました。当連盟は軟式野球を大学レベルで大いに発展させ、もって野球界・スポーツ界に貢献することを本旨とし、また、学生の学生としての、軟式野球人としての人格陶冶を目標とし、連盟運営の力点を学生役員の主体的活動に置く大学スポーツ界でも極めてユニークな組織運営をその伝統としております。


 当連盟は、春季・秋季のリーグ戦および春季・秋季新人戦を主たる活動とし、試合は総当り10試合のリーグ戦の形式で行われます。リーグ戦は戸田市営球場等で行い、軟式野球としては大変恵まれた環境で野球をすることが出来ます。春季リーグ戦の優勝校は硬式野球同様、全日本大学軟式野球選手権大会への出場権が与えられます。また、秋季リーグ戦の優勝、準優勝校には東日本大学軟式野球選手権大会の出場権が与えられます。


軟式野球で神宮と同じユニホームで真剣に野球を楽しむことが出来ます。
是非、皆様のご観戦をお待ちいたしております。

​連盟紹介

  • Twitterの社会のアイコン
  • 東京六大学軟式野球部連盟
  • 東京六大学軟式野球部連盟

Twitter

Facebook

Follow us

Become a Fan

Instagram

copyright (c)2018 東京六大学軟式野球連盟 All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now